家庭用防犯カメラの選び方|自宅の犯罪対策には玉砂利や家庭用防犯カメラが有効!

家庭用防犯カメラで安心安全の生活を送ろう

家庭用防犯カメラの選び方

防犯カメラ

自宅に防犯カメラを取り付けたい

家族の安心安全のためにも、住まいの防犯対策はしっかり行いたいもの。補助錠を付けたり防犯砂利を敷いたりと、手軽に出来る防犯対策は数多くあります。実は防犯カメラもそのうちの一つなのです。防犯カメラというとコンビニなどについているものが思い浮かびますが、最近では自宅に防犯カメラを取り付ける家庭も増えてきています。

家庭用の防犯カメラ、どうやって選ぶ?

防犯カメラを選ぶ際は、
・目的は何か
・どんな機能が必要か
・予算はどのくらいか
このようなことをおさえておけば、希望に合ったものが見つかりやすいでしょう。家庭用の防犯カメラは、家電量販店やインターネットで購入出来ます。配線工事が必要か不要かで掛かる費用も変わってくるので、しっかり見極めたうえで購入することをオススメします。

ダミーカメラと録画機能付き防犯カメラ、どちらがいい?

ダミーカメラのメリット・デメリット

ダミーの防犯カメラは、本物そっくりの形をしたダミーのため録画機能はありません。そのぶん予算は抑えられますし、設置もしやすいというメリットはあります。防犯対策として効果は期待できるものの、証拠となる映像を記録することが出来ないため、実際に犯罪に遭ってしまった際は事件の早期解決が難しいというデメリットが生じます。

録画機能付き防犯カメラのメリット・デメリット

録画機能付き防犯カメラの最大のメリットは、犯罪の証拠となる映像を録画出来ること。万が一被害に遭っても、早期解決につながりやすいので安心です。カメラ本体の価格帯は様々ですが、設置する場所によっては費用が掛かる場合もあります。配線を引くとなると設置の日程も組まなければなりません。

防犯カメラを購入したい時にまとめておくこと

設置する目的

まずは「防犯カメラを設置する目的」をまとめましょう。防犯対策なのか、すでに被害に遭っていて証拠を掴みたいのか、被害に遭った時のための安心材料として設置したいのか・・・このようなことを予めまとめておけば、機種選びで困ることも少なくなります。

形状はどうするか

防犯カメラには建物の入り口にあるようなボックス型、建物内にあるドーム型など、様々な形状があります。夜間のための赤外線機能が付いたものや、不審者の顔をしっかり識別できるハイビジョンカメラもあるので、目的に応じて選びましょう。

どこに設置するか

どの場所に設置するのかも重要なポイントです。駐車場や人の目につきにくい勝手口など、心配な場所を挙げていくとどこに設置したらいいのかが分かりやすくなります。角度や範囲も大切なので、防犯カメラのタイプを照らし合わせながら考えましょう。

広告募集中