防犯カメラに玉砂利など家庭用の防犯グッズに注目!

家庭での防犯対策は意外と手軽に出来る

様々な犯罪が横行する昨今。自分の身はもちろん、大切やマイホームもしっかり守りたいものです。家回りの防犯対策は多種多様にありますが、そのなかでも特に効果の高いもの・手軽に出来るものは何なのでしょうか。知っておいて損はない、家庭で出来る防犯対策をチェックしましょう。

大切な家を守る!家庭で出来る効果的な防犯対策

no.1

窓ガラスに防犯フィルムを貼る・補助錠を付ける

窓ガラスからの侵入は不審者の外套手段。それを防ぐために防犯フィルムを貼りましょう。また、窓のサッシに補助錠を付けるのも効果的です。この2つはホームセンターなどで販売されているので、一番手軽に出来る防犯対策といえます。

no.2

センサーライトを取り付ける

人の動きを感知して光るセンサーライトも、手軽に取り付けられる防犯グッズのひとつ。玄関や駐車場に取り付けるのもいいですが、勝手口など死角となる部分に設置することでその威力を発揮します。光や音を嫌がる不審者にはたいへん効果的です。

no.3

防犯カメラを設置する

こちらもセンサーライトと同様、玄関・駐車場はもちろん死角に取り付けるのも効果的です。録画装置がついているものや、暗視センサー付きのものなど、種類も豊富にあるので目的や予算に応じて選べます。また、防犯カメラを設置していることを表すステッカーを貼っておくのもおすすめです。

no.4

玉砂利を敷く

不審者が敷地内に侵入する際は、必ずと言っていいほど庭を通ります。そのため、庭付きの一戸建ての場合は玉砂利を敷き詰めるのがいいでしょう。玉砂利は歩くと音が鳴るので、家主にも隣近所にもよく聞こえます。また、敷地内の景観も美しくなるので一石二鳥です。

no.5

外構を見通しのいいものに変える

外から見えにくい植え込みやブロック塀はプライバシーを守るという意味では有効ですが、侵入した不審者が潜みやすいというデメリットがあります。外構をフェンスにするといった対策をすれば、不審者も周囲の目を気にして近寄りにくくなります。

防犯グッズを使って家庭でも気軽に防犯対策

防犯フィルムや玉砂利など、ホームセンターで手に入る防犯グッズは意外と多いことが分かりました。このように誰でも簡単に取り付けられるタイプのものもありますが、防犯カメラや外構を変えたい場合はプロの手に頼るのもひとつの方法です。では、防犯対策を業者に依頼するときはどのような点に気を付ければいいのでしょうか。

防犯対策を業者に頼むときに確かめておきたいこと

業者の選び方

防犯対策を専門にしている業者はたくさんあります。防犯カメラを設置したいなら、普段から設置工事をしている業者を。玉砂利を敷き詰めたいなら、砂利敷き施工をしている業者を選ぶ・・・というように、目的に応じた専門業者を選びましょう。

掛かる費用

防犯グッズを自分で設置すれば安上がりにはなりますが、正しく機能するかどうか心配な時は業者に依頼した方が賢明です。費用は業者によって異なりますが、カメラの本体代+設置費用5万円ほどがおおよその相場になります。

プランを選ぶ

業者によっては設置プランを設けているところもあります。オフィス向けのものや店舗用、家庭用と、ニーズに合わせたプランを展開している業者は多いです。家庭用なら、パソコンやスマートフォンから遠隔操作できる防犯グッズを取り扱っていることも。

家庭で出来る防犯対策とは

防犯

防犯対策は目的を明確化しないと意味がない!

防犯対策をするときに真っ先に考えておきたいのが「目的」です。家を守りたい・家族を守りたい・物を守りたいなど、目的が分かれば必要な防犯対策もはっきりします。家に侵入させないために庭に玉砂利を敷き詰める、下着泥棒対策としてベランダに防犯カメラを取り付ける・・・というように、目的をより明確化すればどんな防犯対策をすればいいのかを考えやすくなります。

正しい防犯対策で犯罪を減らそう

防犯カメラにセンサーライトなど、様々な防犯対策が知られていますが、どれも正しく設置しなければ意味を成しません。防犯カメラは人目につきやすい場所よりも死角になるところへ取り付けたり、センサーライトは道路側ではなく家側に向かって照らす(逆光となる部分が死角になるため)など、知識を深めてから対策を行いましょう。

防犯対策の効果とは?

防犯対策の大きな効果は主に2つあります。まずは「犯罪を未然に防ぐ」こと。そして「一度起こってしまった犯罪を解決させる」ことです。現に日本では、約6分間に1件の割合で侵入・窃盗犯罪が起こっています。被害者にならないためにも、加害者を増やさないためにも、防犯対策は目的をもってしっかり行いましょう。

自分でやるか、プロに頼むかも重要なポイント

現在では防犯グッズが種類も豊富にあり、近所のホームセンターで簡単に手に入れられるようになりました。自分で手軽に使える・取り付けられるタイプのものも多くありますが、物によっては使い方を間違えるとしっかり機能しないこともあります。防犯カメラは最たる例といえるでしょう。プロの専門業者に依頼した方がいいケースもあるので、家庭用の防犯グッズを購入する際はしっかり見定めておきたいところです。

防犯対策を自分でやった場合とプロに依頼した場合

自分で防犯対策をする場合

自分で防犯対策をする最大のメリットは、コストを抑えられるという点です。市販の防犯グッズと必要な道具を揃えれば設置できます。また、スケジュール調整の必要がなく都合のいい時に自分のペースで行えるのは、多忙な人にはちょうどいいのではないでしょうか。

プロに依頼して防犯対策をしてもらう場合

プロに防犯対策を依頼するメリットは、確実さと安心感を得られるという点です。アフターフォローや保証が充実している業者も多く、安心して依頼することが出来ます。経験も知識も豊富なプロなので、防犯対策について色々聞けるのもポイントです。

広告募集中